【494回】きれいごと

今週もようやく仕事が終わりました。

先週よりは時間の進み方が早かった様な気がします。

しかし、相変わらず希死念慮は続いています。

何の為に生きているのか。

どうしてこんな惨めな思いしてまで生きているのか。

いつまでこんな辱めをうけながら生きなければならないのか。

ずっと頭の中を自問自答する日々。

 

もう来月で3年間この繰り返しです。

 

前にも言いましたが、よくこの状態で生きてこられたもんだと感心します。

これから先、この状態が続くと思うと地獄でしかありません。

解決方法も見当たらず、生き続けていくのは生き地獄でしかありません。

 

先日、後輩社長に強くお願いされとあるセミナーへ出席のあと、懇親会に参加する事に。

何度も断ったのですが、あまり聞く耳持たずという感じで。

セミナー後、近くの居酒屋で親しい方々で食事となりました。

この宣言下、お店はお酒OKで24:00まで営業。

ノンアルで 20時には帰れると最後の望みを抱いていましたが、あっさりと絶たれる事。

参加者はほとんどが社長ばかり。

しかもほとんどが年下です。

そんな中に自尊心の欠片もない私が同席している。

これ以上辛い空間はありませんでした。

口を開けば。。

仕事とは。

会社とは。

社会的貢献とは。

人生とは。

と、講釈のオンパレード。

ウーロン茶しか飲んでいない私からすればひとつも興味のない話。

 

その中で、一人の社長が急にこんな事を言い出しました。

「結局、お金なんてあっても仕方ないよ。もっと大事なものがある」と。

そういうと他の方々もその通りとのリアクション。

私はその時ひっそりと一人で思いました。

「それはあんたらが今金持ってるから言えるんだよ」って。

私も3年前までは酒席で同じような事を言ってました。

 

お金で買えないものがいっぱいある。

お金に振り回されたくない。

お金なんてありすぎても困るだけ。

 

今の状況からすれば、あの時の発言はベースにお金を持っているからだったと思う。

やはり、お金がないのは全てにおいて不幸の起点となるいう事を本当に思い知らされている身からすれば紛れもない事実。

今ではすっかりお金ありきの考えに。

所詮、キレイごとだけでは生きてはいけない。

今のこの惨めな状況を変えるのもお金。

妻子を養っていくのもお金。

将来の憂いをなくすのもお金。

 

結局全てお金。

 

さもしい考えかもしれないですが、それでもいいです。

 

今日はこれまで。

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました