【412回】二つの誤算

先週から希死念慮と前の会社への後悔や自責の念が強まっています。

薬も一応飲んでいますが、効いているのかどうか。。

もはや薬での治療をする類の問題ではない事は自分が良く理解していますので、今更です。

今の環境。前の会社を意識する環境がすべての原因だと思っています。

なので、それを払しょくするにも今の会社から辞める段取りをしないといけません。

なので、私はどうしても転職する必要があります。

転職でなくとも自営でもなんでもとにかく今の環境を変えたいと思います。

 

 

2年前保護入院していた頃に思っていたことが見る見るうちに現実なものとなってきました。

 

次の仕事は前職と比べたらとても薄給で、かつなかなか見つからない

家族離散しバラバラになる。

自分自身お金に困るようになる。

退院した後は必ず自殺する。

 

などなど保護入院の時なにもする事もなかったので、常にこういう事を考えていました。

近い将来あういう風になっていくんだろうなと考えていました

あの手すりもなければ椅子や机もない個室の閉鎖的な空間で。。

外部との接触は監視カメラを通じて話す位。。

個室には三日三晩いました。。

その時間寝ている以外はずっとあういう事を考えては絶望して涙を流していました。

個室へは保護入院中にまたお世話になりました。。

それは夜中に病院のトイレで首を吊ろうとしてばれたからです。

その時も本気で死のうと思っていました。

でも、みつかりそのまま個室へ。。

そしてあの時も同じように悲観する未来を憂いては泣き、そしていつのまにか眠りにふけるという生活でした。

 

そして2年たった今、あの時を振り返ると二つの誤算が生じました。

ひとつは運よく後輩社長の会社に拾ってもらった事。。

給料は悲観とおり薄給ですが、その他の条件面は復帰のみとしてはとてもありがたかった。

もうひとつは家族バラバラにならなかった事。

2年前に病院を退院する際に離婚を私から切り出しました。

退職金も財産もすべて上げるので別れてくれと言った記憶があります。

でも今は週末だけ会っているとはいえ一応繋がっています。

この二つの誤算は2年前の私からすれば良い誤算だったのかもしれません。

これからも誤算続きの人生。

多分ほとんどが悪い方の誤算。

どこまで耐えられるか?

出来れば人生の方向を良い方へ流れる誤算が欲しい所です。

でも現実は悪い誤算ばかり。

仕方ないです。 いつもの事として諦めないと。。

 

今日はこれまで。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました