【247回】席を譲る発想がない

この前通勤するバスの中でお年寄りに席を譲る中年男性の方がいました。周りで他に座っている若い女性などは譲るどころか、寝たフリなのか、みんな目をつぶっていた。

お年寄りはその好意を受け取り、そのまま着席。

まあよくある風景かと。

ここでよくあるのが、若い女性を糾弾する方向かと思う。

けど、今の私はそんな状況でも多分譲らないと思う。余程譲ってくれと言われない限り、譲らない。

多分世間的にはいけない事なんだと思うけど、私はもうそんな面倒くさい事は考えない。偽善者ぶらない事に決めたので、席を譲る事はしない

一年半前までなら根拠のない良い事したら、回り回って返ってくる的な発想や気持ち的に余裕があったと思うので、躊躇なく席を譲ってたと思うけど。

今は譲る発想がない。むしろ、俺が老人の時は譲られる環境には無いんだろうなとすら思っている。

もう偽善者ぶらない。自分に抗わない。

決めた事。

そう思って、私もバスの座席に座っていました。

今日はこれまで

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました