【214回】いつまで生きるかよりいつ死ぬかが大切。

世間は年末。

私にとってはただの月末。

それ以上でもそれ以下でもない。

生きる事に疲れ死に場所を求めているだけ。

こんな人生には早く終止符を打った方が良いと常に考えています。

人生罰ゲーム中の私にとっては、毎日が苦痛でしかない。

徐々に苛立ちが増えている事に若干の不安を感じています。

いつになったらこの問題を解決出来るのか?また解決出来ないのか?全く読めません。

今のこの状況は去年の保護入院してた時に想像してた現実です。この先は去年の想像からするともっと悲惨にしかならないと思う。一度社会のレールから外れた人間にとってはホントに生きづらい社会でしかない。

誰も今のこの苦しみを聞いてはくれないし、理解してくれない。

まあ当然と言えば当然かと。

早く最期の覚悟を決めないといけないと日々思っていますが増えているやはり遺される家族の事を思うとなかなか踏み切れないです。

この状況が一番辛い。

四の五の言わずに簡単に自殺して消えてしまえば一番いいんだろうけど。

また今読んでいる本(ストレスゼロの生き方 [ Testosterone ])より響いたフレーズをひとつ。

他人に期待するのを、やめる

他人は絶対にコントロール出来ない。その他人に期待してもイライラが募るだけ。
他人が自分の思い通りに動くというのは妄想にすぎない
よければ読んでみてください

ストレスゼロの生き方 [ Testosterone ]

今日はこれまで。

タイトルとURLをコピーしました