【184回】政治の話を少し

前にも書いたと思いますが、前までは政治には疎かった。

というか、生活に困ってなかったので、興味が無かった。

安倍さんでいいんじゃない?

別に生活に邪魔になって無いし。

位の感覚でした。

一年半前の出来事が無ければ、今も恐らく同じ政治的立場?だったと思います。

投票行動は選挙の度に変わっていたと思います。

時には、自民、みんな、維新、民主、こんな感じ。

でも、今自分の立場を鑑みると、当然「れいわ新選組」へといくのもある種自然の流れかなと。

今弱者となってしまった私には彼らの主張はストンと落ちる訳で。

まあご都合主義と言えばそれまでですが、ここ数年の安倍さん一強はやはり弱者への配慮が少し欠けていると思う。

他の野党も選択肢としてはあるが、どうしても既成政党の延長線上の感が否めなず、信用出来ない。

そうした中現れたのが「れいわ新選組」。

まだまだ海の物とも山の物ともつかぬ存在かと思いますが、私はその未知の魅力に掛けたいと思う様になりました。

いわゆる左派寄りな主張だと思います。

でも、この政策が実行されるなら、日本は良い意味でも悪い意味でも変わると思います。

どうせこのままでも、代わり映えしないなら、私は変わる方に掛けたいと思う様になりました。

次の衆院選がまず目安になると思いますが、何とか頑張って貰いたいと思います。

今の御時世、地方を駆け巡って弱者に対してホントに寄り添って語らっている政治家はなかなか見られないと思います。

今日はこれまで。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました