【162回】ボランティアに行っても変わらないかも

先週行ったボランティアについて少し書こうと思います。

前から行こうと考えていました。

自分には時間もありましたので。

費用がネックでしたが、高速道路の費用免除もありましたのでそこもクリアになりました。
詳細はこちらhttp://www.nsyakyo.or.jp/news/2019/10/post-94.php

午前中仕事クリアにして夕方から高速で一気に向かいました。

長野県には15年ぶりくらいに行きました。

前職ではよく行っていたので、土地勘はありましたのでスムーズに。。

宿は節約の為車中泊に。

ホテル取ろうと思いましたが、どこも1万円以上しており、諦めました。

翌朝、ボランティアセンターへ。

受付すると北部と南部どちらがいいですか?との事。

個人的にはどちらでもよかったので、「どちらが大変ですか?」と尋ねました。

そしたら、北部ですとの事。

迷わず北部を選択。

バスに揺られる事1時間程で到着。

個々できたメンバーと小グループを作り各地へ。

その道中はこんな感じでした。

私は一軒のお宅の庭の泥さらいに。

とにかく体力勝負でした。

こう言っては失礼だが、罰ゲーム中の私には最適な作業でした。

ただひたすらに泥をさらい、土嚢に詰めて運ぶ、

この作業の繰り返し。

いい意味で色んなことを忘れさせてくれました。

休憩中、大学生のグループと話す機会がありました。

聞けば、県内の大学生。

授業を頬り出して参加しているとの事。

単位よりこっちの方がよっぽど大事と話してました。

次の日も他の被災地に行くといってました。

休憩も終わり午後も作業。

15:00に完了。

身体中筋肉痛だらけでしたが、最後の別れ際にお礼を言われて少し気が紛れました。

そしてそのまま一気に帰宅。

 

率直な感想を言うと、

まだまだやることが沢山あり、また行かないといけないと強く思いました。

ただ自分の中で何か大きな変化は無く、被災地を助けたいとかいう感情も乏しかった。

でも、なぜかまた行かないとという気持ちだけが強く残りました。

 

今日はこれまで。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました