鬱の私を支えてくれてる音楽たち ( 3)

今回の一曲はこちら↓

ウルフルズ
「笑えれば」

ウルフルズ – 笑えれば

※とにかく笑えれば 最後に笑えれば
情けない帰り道
ハハハと笑えれば※
子供の頃から同じ 同じ夢ばかりを見て
だけど今になって 大人になって
立ち止まったりして
すべてがうまく行くはず
そう信じているのに なぜかあせって
グラついて ジタバタするけど
とにかく笑えれば それでも笑えれば
今日一日の終わりに
ハハハと笑えれば
(※くり返し)
おまえを好きになって
何もかもが変わったよ
他愛のない笑顔で
オレを勇気づける ぶつかってばかりじゃダメで
ひいてばかりでもダメで 悲しけりゃ 泣けばいい
また笑えるように あきらめない 逃げたくない
自分を見失いたくない
汗をかき 恥をかき 転がりつづける
無理しても
無茶しても
変えられない思いがある
そばにいて このオレを 見守ってくれるかい?
誰もが みないつも 満たされない思いを
胸の奥に抱いたまま 歩き続けてゆく
とにかく笑えれば 最後に笑えれば
答えのない毎日に ハハハと笑えれば
(※くり返し)
とにかく笑えれば とにかく笑えれば
とにかく笑えれば とにかく笑えれば
ハハハと笑えれば…

 

※ ウルフルズも世代的にはドンピシャです。ただ当時はガッツだぜなどの他の曲は聞いてました.

この曲は最近になって改めて聞くことになり、自分の胸に刺さりました。

「とにかく笑えれば、最後に笑えれば、情けない帰り道・・」このフレーズ。

一人で帰宅する道すがらによく聞いてます。

今の自分に訪れるのだろうか?多分訪れないと思いますが、かすかな希望・期待を抱かせてます

 

よければ聞いてみてください

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました