【135回】15年間

昨日に引き続き、休みとしてしまいました。

在宅で少し仕事しましたので、昨日よりは少しマシかと思うけど、端から見れば休んでいる事にはあまり変わらない印象です。

こんな私を使ってくれる後輩社長には改めて感謝しかありません。

在宅でも出来る仕事まであてがってくれて、ホント心が広い人物です。

後輩社長とは前職で15年程前に知り合いました。

当時は私が上司で彼が中途で入ってきて部下という関係でした

彼は私より4才下です。

当時から計算は苦手でしたけど、人に取り入れられる才能はピカイチで、お客様に愛されていた人間でした。

今も同様にアナログな人間で、そこがまた今のデジタル優先の世の中に重宝される一因になっていると思います。

昔から「全ては己の責任を取ると思え」「とにかくお客様の事を思え」という前職の教えを地で行ってます。

15年ぶりに会った今でもその姿勢は全くブレていないです。

こういう姿勢が今の彼の成功を支えていると思います。

あと、彼は人たらしで、とにかく彼の周りには人が集まってきます。

これも彼の生き方のスタンスによる所かと思います。

また彼の生き方で一番すごい所は、とにかく前向きな所です。

昔一緒に仕事してきた時から、どんなに苦しくても、徹夜だろうが怒られようが、全く動じないどころか、前向きな言葉を常に発していました。

当時私は少し頭がおかしいのでは無いか?と思ってた位です。

今も会社経営やプライベートにおいても、端から見てもよく愚痴一つこぼさないなあと思う時でも、15年前と変わらぬ前向きな姿勢で生きています。

彼の息子には生まれながらの障がいがあります。
彼の母親はガンと闘っています。
彼の妻は以前ガンと闘っていました。

そういう事も全て受け入れて、かつ周囲の人全ての細かい所まで気を使っています。
かくいう私にも同様です。

彼にとってお金は手段であり、世の中を良くするための方法であると考えてます。 自分の会社がいかに社会に貢献出来るかばかり考えてます。

こういう綺麗事は上辺で話す経営者は今まで見てきましたが、彼ほど純粋な経営者は見たことがありません。

また彼のすごい所は、こういう姿勢を本や講演会などではなく全て体験や
感覚で取得している所です。

こういう過程で取得した考えはやはり本物です。

また彼は全く、貸借対照表や損益計算書などの数字は疎く、税理士や会計士におまかせです。

けど、それらの中身を見ると、自己資本比率や法人税や粗利益、利益率などどれを取ってもこの規模の会社にしては素晴らしい内容です。

本人はよく把握してないようですが、私は逆にそこがいいのではと思います。

数字を過剰に意識した経営をおこなっていたら、このような結果になっていなかったと思います。

特別に自分の私利私欲に走らず、周りの人を幸せにしたいというスタンスは口で簡単に言ってもなかなか出来ません。

私利私欲に走ってしまった自分なんかは論外です。

彼と前職で別れてから15年程経ちましたが、ここまで差が開いてしまった要因はやはり自分の仕事に対するスタンスや信念の違いだったと思います。

この15年間、私はとにかく利益さえ上げてればあとは何してもいいでしょ?とばりにとにかく手段を選ばずに仕事してきました。

その結果、私が前の会社を辞める原因を作ることになったんだと思います。

この15年間。方や立派な社長、方や無職のうつ病持ち、同じ時間を過ごしてきても、こうも人間として違うかと思う程差がついてしまいした。

全ては自業自得です。

個人的にはたまにもう一旗上げたいと思う時もありますが、何時間かすると、気持ちが萎えてしまい、横になってしまいます。

多分死ぬまでその繰り返しでしょう。

あとは来たるべき最期を待っているという状態です。

今日はこれまで

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました